Home

ビジネス・サービスBussiness Service

責任ある使命を全うする専門技術者集団Specialist Group

サルベージ技術者Salvage engineer

サルベージ技術者,三国屋建設株式会社

東京支店
音成秀俊

弊社の創業事業である、サルベージ事業では、幾多の実績と経験を積み重ねて参りました。
いつ起こりうるか分からぬ海難事故に対し、技術・知識を身に着けたスタッフやダイバー、多種多様の資機材、各関連業者とのネットワーク等、これらを用いて即座に対応しております。
また、海難事故により、海洋汚染という大きな問題にもつながる為、自然環境の保護・救助が世間からも注目され求められています。適切な対応と機動力を生かし、対処できるよう日々精進しております。
私はまだまだ未熟者ですが、上司や先輩はもとより、多くの事から、知識・技術を学び、いかなる事態にも対応できるよう努力していきます。

潜水士Diving person

潜水士,三国屋建設株式会社

鹿島支店
阿部貴史

弊社の潜水チームは、自社の機械を始めとする多種多様な機材を用いて経験と実績を積み重ねてきました。そして、潜水士達は、「潜水調査→施工方法の計画・検討→水中施工の実施及び施工管理」において、全ての業務に携わり、潜水士一人一人が責任と誇りをもって日々の業務を遂行しております。
潜水作業とは、「潜水調査(水中磁気探査など)、捨石均し、掘削、溶接・溶断、ブロック据付、他多数」と様々な作業があります。また、場所や作業内容によって、作業方法や潜水方法を変えて対応することが必要不可欠であり、海洋土木事業において潜水士はとても重要な存在を担っています。
陸上作業とは違い、「視界・動作・音」が制限されることに加えて、潜水状態により「作業時間と範囲」が限られるため、常に危険と隣合わせです。重大な災害に直結する可能性も高く、日々の安全意識を高く持ちながら現場に潜む「危険」を排除して作業を行っています。
私自身、潜水士としてまだまだ半人前ですが、数々の潜水現場に携わり無事故で現場を終了できた時やお客様からお褒めの言葉を頂いた時など、この仕事をしていて良かったと思います。今までの潜水技術や方法に囚われることなく、さらなる技術・技能の向上を目指し、日々精進していきたいと思います。

船団長Mayor of fleet

船団長,三国屋建設株式会社

東海支店
橘川 勇

三国屋建設は大きく分けて5つの部門(土木・船舶・潜水・サルベージ・調査測量)に分かれており、私はその中でも船舶部門の船団長を任されております。
当社はクレーン船・作業船・潜水士船等100隻を超える船舶を所有しており、船舶業務は小型船舶を単独で航行させる事から始まり、クレーン船の廻航からクレーン船の係留、クレーン船での本作業と、多くの港や河川で気象条件に合わせた施工を行っております。
特に2011年3月11日の東日本大震災で茨城県から東北地方までの港は大きなダメージを受けたことにより、私も茨城県から宮城県の気仙沼で約1年、岸壁の復旧・消波ブロックの設置等、港の復興に携わりました。
多くの工程の中で1つ1つの作業が積み重なり、1つの岸壁として形が出来上がった時は、大変ながらも良い経験となりました。
ここ最近、建設業で働く若い人が減少していると聞きますが、河川や海上で経験したことを後輩に伝え、安全にクレーン船や船舶に乗ってゆけるよう、船舶技術を受継ぐと共に関連業者の良い所を自分の技術として身に付けて日々精進していきたいと思います。

土木技術者Engineering works engineer

土木技術者,三国屋建設株式会社

東海支店
栗原克明

私の業務は、主に港湾の護岸工事を担当しております。主に構造物の老朽化による造り直し、台風等で壊れてしまった護岸の造り直し、また消波ブロックを設置し護岸の補強等の施工が現在行っている仕事になります。
近年においては東日本大震災後、東北地方での災害復旧・復興工事に携わっております。災害復旧の工事は、崩れてしまった構造物や壊れかけの構造物も多く、危険を伴う現場で工程管理や安全管理がとても大変ですが、作業員皆の協力のもと安全に仕事を進めることが出来ています。
現場を進めていく上では、海象状況により日々工程や工法が変わることもあり、現場管理がとても大変ですが、構造物が完成した時の喜びも大きいです。そして、地元の被災者の方々が港でのお仕事に早く復帰されることを祈念しております。
これからも大変な現場は多くあると思いますが、作業員皆と協力し合い、完成していく喜びを共感しながら、安全作業に取り組み無事故・無災害を目標に現場を進めていきたいと思います。

調査・測量技士Investigator and surveyor

調査・測量技士,三国屋建設株式会社

鹿島支店
斎藤 涼

私が所属する調査・測量事業部では、近年需要が高まってきている維持管理計画書策定を目的とした港湾、漁港、海岸施設の「維持管理調査」、水中の現況確認や生態系、環境調査、鋼構造物劣化調査などのダイバーによる「潜水調査」、そしてナローマルチビームやシングルビーム音響測深器を使用して構造物を建設する為に行う事前測量や経過測量で海や河川の水深を計測する「深浅・汀線測量」を行っています。
調査の範囲は水中から陸上までと多岐に渡り、現地調査が終わった後には資料の取りまとめ、お客様への報告書の提出もあります。
弊社ではこれらを一貫して対応しておりますので、大変なことも多々ありますがやりがいを感じながら業務を行っております。
日々進化を遂げて行く技術を吸収し、工事で培った経験を活かしながら、お客様に求められているニーズに答えていくために努力を重ねています。
ページトップへ戻る

サイト・メニュー

保有船舶

社会貢献

一般事業主行動計画