Home

ビジネス・サービスBussiness Service

責任ある使命を全うする専門技術者集団Specialist Group

サルベージ技術者Salvage engineer

サルベージ技術者,三国屋建設株式会社

東京支店
音成秀俊

弊社の創業事業である、サルベージ事業では、幾多の実績と経験を積み重ねて参りました。
いつ起こりうるか分からぬ海難事故に対し、技術・知識を身に着けたスタッフやダイバー、多種多様の資機材、各関連業者とのネットワーク等、これらを用いて即座に対応しております。
また、海難事故により、海洋汚染という大きな問題にもつながる為、自然環境の保護・救助が世間からも注目され求められています。適切な対応と機動力を生かし、対処できるよう日々精進しております。
私はまだまだ未熟者ですが、上司や先輩はもとより、多くの事から、知識・技術を学び、いかなる事態にも対応できるよう努力していきます。

潜水士Diving person

潜水士,三国屋建設株式会社

東海支店
本田訓之

三国屋建設の潜水チームは常に潜水士という職業に誇りを持ち、数々の現場での経験をチーム内で教え分かち合い、さらなる力を得るために日々精進しております。
潜水作業とは陸上で求められている土木作業を水中で行うことであり、その幅は実に広く調査、捨石均し、浚渫、溶接(溶断)、ブロック据付等などがあります。陸上作業と違い、視界・動作・音に制限があり常に危険と隣り合わせの状態で作業をしなければなりません。日々危険の芽を摘み取りながら、安全を第一に考え作業を行っております。
一昨年の東日本大震災で太平洋側の多くの港は大きなダメージを受けました。実際に倒壊したブロックを取壊し新たに水中の基礎を作り直しブロックを積み上げ堤防を復旧する作業を行いました。ブロックが積み上がり堤防が元の形に復旧した姿をみたとき、潜水士として一つの力になれたことをうれしく感じることができました。
近年、弊社は東北地方での災害復旧でも潜水作業を取り組んでおります。様々な海の環境を経験し震災復旧のみならず耐震補強・構造物の新設など様々な工事で潜水士として力になっていきたいと思います。

船団長Mayor of fleet

船団長,三国屋建設株式会社

千葉支店
木場田健司

私の業務は、これまでは船の操船を主にやっていたのですが、最近では船団長を任せて頂けるようになりました。船団廻航は河川での航行が多く、中でも東京の河川は橋の桁下が低く、橋脚間の幅が狭い場所が多々あり、渇水期になると潮位を見ながらの夜間廻航も行います。
廻航を行うに当たって情報は不可欠なものであります。廻航ルートの的確な情報を得るため定期的に河川の構造物関係の調査を行い、ハザードマップを作成し情報を共有し合い、より確実な運航を行っています。気象・海象にも大きく左右され、厳しい条件の中での運航も数多く経験してきました。
そういった中で、私は船団作業においてリーダーとなり、現場での船団作業の作業方法の検討や指示、廻航作業などを安全かつ効率よく運航を行うように船団全体を指揮する役割を担っています。
弊社の各船団長は、状況に応じて臨機応変に対応できる能力を持っており、経験・技術が豊富な人材が多く在籍しています。その為、いろいろな現場環境に対応できるクレーン台船や船舶等を多く所有していますが、弊社職員で運行しています。
近年は船舶事故も多く耳にする事があり、ヒューマンエラーによる事故が発生しています。それらを教訓とし、これからも、港湾・河川など水辺の作業のプロとして、安全第一に現場を円滑に進めていけるよう業務に取り組んでいきたいと思います。

土木技術者Engineering works engineer

土木技術者,三国屋建設株式会社

鹿島支店
長屋悟史

私が担当する現場は、河川の浚渫工事や旧橋撤去のための仮桟橋設置・仮締切等が多く、クレーン付台船や船舶を使用した施工を行っています。その中で私の業務は、主に現場での責任者として、工程・安全・品質・出来形の管理を行っています。
弊社は、様々な船舶を所有しているため、厳しい条件の中でも、それぞれの現場に合った効率が良い施工を行う事ができます。その為、安全管理も重要になります。
しかし、現場管理はもちろんの事、現場施工は責任者一人で行うものではなく、皆で行っていくものだと考えます。
皆で施工方法や施工人員等の調整などを話し合い、無駄がないような施工を行える体制を整えることで、一人一人が現場を把握し安心して現場を行う体制作りが出来あがるのだと思います。
これからも、現場責任者として日々の現場管理をしっかりと行い、事故の無い現場作りを目指していきます。
ページトップへ戻る

サイト・メニュー

保有船舶

社会貢献

一般事業主行動計画